ブリッジ

ブリッジ

ブリッジとは

失った歯を補う方法は様々ですが、噛んだ時の違和感が小さく、自分の歯のような感覚で食事・会話を楽しめるのがブリッジです。ブリッジは欠損歯の両隣の歯を支えにして、まるで橋をかけるように装着・固定することからその名が付けられました。欠損部分にはダミーの歯が入り、支えになる両隣の歯にはクラウンが被さる形状をしています。

ブリッジは入れ歯と違って口の中に固定されるので、違和感が少なく、わざわざ取り出して清掃する煩わしさもありません。審美性に優れ、人からほとんど気づかれることもありません。自分の歯と同じような感覚で使える点はインプラントも同じですが、インプラント治療には顎の骨に穴を開ける手術が必要です。一方、ブリッジはインプラントよりも軽度の処置で済みます。糖尿病などの持病がある方にも適用可能です。

ただし、ブリッジは支えになる2本の歯を削る必要があります。健康で虫歯のない歯をわざわざ削ると、それらの歯が虫歯や歯周病になりやすくなり寿命を縮めてしまいます。さらに、装着後は噛むたびに削った歯に負担がかかることも頭に入れておかなくてはなりません。歯を長持ちさせるためには、日頃から歯間ブラシ等を使って丁寧にブラッシングします。また、そもそも歯周病で歯がぐらついている場合はブリッジを実施できないというデメリットもあります。

欠損歯が2本の場合は、強度を増すためにより多くの歯を削って土台にする必要があります。欠損歯の数がさらに多い場合は、入れ歯かインプラントが適していると言えるでしょう。

きつく噛んでしまう癖がある患者さんの場合、どんな素材を選んでブリッジを作るかが大事になってきます。当院では歯ぎしりや噛みしめの癖に注目した治療を行なっており、患者さんの噛む力に応じて最適な素材をご提案いたします。

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジのメリット
  • 自分の歯のような自然な噛みごこち
  • わざわざ取り出して清掃する必要がない
  • 手術の必要がない
  • 糖尿病・高血圧などの持病があっても適用可能
ブリッジのデメリット
  • 欠損歯の両隣に健康な歯が必要
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支えになる歯に負担がかかり、寿命を縮めやすい
  • 取り外せない分、清掃性でやや不利
  • 歯周病の原因になることがある

治療の流れ

(1)カウンセリング及び事前検査

問診票の記入から検査とカウンセリングを行ないます。歯を失った状況や目指す治療成果等についてお話します。
検査では噛み合わせを診断するためレントゲンを撮影。場合によってはCTも使います。

(2)治療計画の説明

検査結果をもとに治療計画をより仔細に詰めていきます。実際の治療プロセスをしっかり理解できるようわかりやすい説明をします。

(3)虫歯・歯周病などの治療

虫歯や歯周病がある場合、ブリッジ治療に悪影響があります。これらの病気があるときは、まずそちらを治療します。

(4)抜歯

虫歯などで傷んでしまった歯が残っている場合は、まず抜歯を行ないます。根の部分だけは残っている場合でも完全に取り除きます。

(5)支えになる両隣の歯を削る

ブリッジをかけるために土台となる歯を削ります。

(6)ブリッジを装着

事前にとった型からブリッジを作り、お口の中に装着・固定します。削って高さを調節し、噛み合わせを最適な状態にしていきます。

ご予約・ご相談はお気軽に

インプラント・入れ歯・ブリッジのことでお悩みでしたら、千葉市の南町歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 0432651810
  • 南町歯科医院
  • 歯科医院のコミサイト
  • クリニックブログ
  • お気軽にお問い合わせください 0432651810